色々あるエラ削りの方法

手術を受ける時はリスクも知っておくこと

エラ削り船橋中央クリニック

手術ですので傷跡を気にする人も多いのですが、口の中から行われますので表側から見たら分かりません。
ですから、周囲の人に手術を受けたのではないかと勘繰られることもありません。
骨を削り取る手術ですので、当然全身麻酔が必要です。
手術を受けたことのない人には、かなりハードルが高い施術といえるかもしれません。
高度なテクニックが必要な手術ですので、手がけた手術数が多くて腕の良いクリニックで受けることが大切ですし、受けた後はすぐには帰れず数日間入院しなければなりません。
ダウンタイムも数カ月といわれていますので、施術を受けたらそれで終わりでなく、その後も長い期間様子を注意深くチェックしなければなりません。
手術を受ける時にはリスクについても知っておくことが大切です。
エラ削りでは、顎とエラとの境目に段差ができてしまうことがあります。
段差があるととても気になってしまいますが、これは滑らかに削れていないことが原因ですので医師の技術力不足です。
腕の良い医師に行ってもらうと、削った面がとても滑らかですので不自然な印象にはなりません。

エラ整形の施術にはいくつかあります | 手術を受ける時はリスクも知っておくこと | クリニック選びは慎重に