色々あるエラ削りの方法

エラ整形の施術にはいくつかあります

エラが張っていると髪の毛で隠しても目立ってしまいますし、顔も大きく見えますので整形を考える人が多いようです。
小顔を目指すエラ整形の施術にはいくつかありますが、その中でもエラ削りとボトックスが主流になっています。
ボトックスは手軽な方法でありプチ整形の一つですが、筋弛緩作用がありますので筋肉が張っていてエラが目立つ場合には有効な対策となります。
エラが張っている部分に直接ボトックスを注入することで、2週間後くらいから効果を感じられる人が多いようです。
ただし、その効果はずっとは続かず、3〜6カ月ほどで元に戻ります。
ですから、一定のレベルを維持するためには定期的なメンテナンスが必要です。
骨格自体が問題を抱えている時には、やはりエラ削りの手術を受けるのが一番です。
骨を削ってしまえばシルエットは激変しますので、エラが張って悩んでいる人に最適です。
手術は口の中の奥歯の歯茎の下からメスで切開して行われます。
アゴの奥にあるエラの骨と余分な筋肉を削り取ります。
筋肉も一緒に削り取れるのが大きなポイントであり、ボトックスと違って効果は半永久的に持続されます。

エラ整形の施術にはいくつかあります | 手術を受ける時はリスクも知っておくこと | クリニック選びは慎重に